home3 office user briefcase truck phone
診療時間

診療時間
午前 9:30 〜 12:00
午後 休診
月曜日〜土曜日
※日曜・祝日・年末年始(12/29〜1/3)は休診日です。

042-691-4111

つぶやき

七夕 行事食
梅雨も明け、蒸し暑い日が続きていますが、今月は七夕メニューを提供しまし...
一覧を見る
三愛病院施設概要 お知らせ 空床情報 当院の取り組み お問合せ 求人案内 地域交流 料金・書類・広報

院長あいさつ

わたしたちは「人としての尊厳」を重んじ、
その人らしさを大切にします 基本理念・方針の詳細はコチラ

院長 堀米 政利 出生;1944年10月 長野県伊那市
出身学校;伊那北高校・日本大学医学部
専門;消化器外科・老年医学
役職;八王子医師会理事・東京都医師会予備代議員
趣味;ゴルフ(下手な横好き)・ダイビング(この2年ご無沙汰)
趣味と言えるほどでない庭いじり(我が家にはバラが)
単に意地汚いだけの食いしん坊
座右の銘;而今(大事なのは“今、この一瞬”)
大切に思うこと;飲ミュニケーション(飲みながら本音の話)

 八王子みつい台に居を構え15年。三愛病院に入職し丸8年、その間さまざまな変革を経験しました。入職直後は180床のベッドを埋めることが出来ないまま、168床まで削減。しかし大幅な経営改革により、2年後には再び180床に戻し、ベッド稼働率もほぼ100%近くまで回復。日本病院機能評価機構認定、日本慢性期医療協会認定、ISO9001認証、エコアクション21認証など第3者機関からも高い評価を頂けるまでに成長しました。

 私自身も八王子医師会理事の任を拝命いただき、医師会の先生方とも広く親交を深めることが出来ました。そして今、外科医としてメスを振るっていた時には考えも及ばなかった慢性期医療にどっぷりと身を埋め、人生の最終段階で不幸にして病に侵され、ままならぬ日々を送らざるを得なくなった患者様に、如何に安らかな日々をご提供できるかを思い、悩み、そしてそこに、医師として得られた貴重な臨床経験がその答えを導き出してくれたとき、これが僕の医師としての総仕上げ!僕のライフワーク!と思えるほどに遣り甲斐を感じ、充実した日々を過ごしています。

 日本は今、世界に類を見ない高齢化社会を迎え、国の医療財政は逼迫し、医療費の多くを個人負担に頼らざるを得なくなってきています。そのために急性期病院では1日でも早い退院を強要され、慢性期病院においてもご自宅や施設での療養や看取りが強く求められています。そのためどこの病院においても従来以上に在宅復帰をお願いせざるを得なくなり、時にこれが「適応のない在宅復帰の強要」と言うモラルハザードの要因にもなりかねません。当院ではそうした危惧を少なくするため、在宅復帰のための独自の評価表<ROAD TO HOME>を作成し、在宅復帰のために何が必要かを細かく分析、特に、自ら食べ、自ら排泄する、を最大の目標にスタッフ一同取り組んでいます。ただ在宅復帰には大きな困難が伴うことも事実であり、ご家族の理解なしに目標を達成することはできません。どうかご家族の方々のご理解とご協力をお願いする次第です。


ページの先頭に戻る
Copyright (c) 2015 Sanai Hospital All rights reserved.